MENU

どこをトレーニングすれば?

勃起力に関係しているPC筋を鍛えることが中折れ防止に役立ちます。PC筋とは骨盤底筋ともよばれ深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋の総称です。

 

ざっくり言うと肛門と陰茎の間にある筋肉群で、勃起時に肛門に力を入れるようにすると陰茎がピクっと動きますがこれはPC筋によるものです。

 

このPC筋に力を入れるとピクっと動くと同時に陰茎内に血液が溜まり勃起が太く硬くなるのですが、PC筋の力が弱いと力を入れても血液の溜まる量が少なくなります。他にも射精の際にPC筋は括約するので鍛えといて損はない筋肉ですね。

トレーニング法

中々普段意識して使う筋肉ではないですが、トレーニング法はいたって単純です。陰茎をピクっと動かすように力を入れたまま10秒間キープするだけです。

 

イメージしにくければオシッコを止めるように力を入れると言いかえることもできますね。注意点としては肛門の筋肉とは別なので、あまりお尻に力を入れるような意識ばかりしてしまうとPC筋が上手く使えてない可能性があります。

 

10秒間キープした後は脱力してまた10秒間キープ。これを毎日3分間やるだけでもだいぶ違うはずです。10秒がきつければ5秒ほどでも構いません。

 

そもそも普段あまり使わない筋肉なのでちょっとトレーニングしただけでそれなりの効果があります。このトレーニングは場所も時間もとらないので、通勤電車の中でもできますしデスクワーク中でも思い出した時にできますからおすすめです。

これだけで改善は難しい

PC筋は勃起力に関係するのでトレーニングすることは効果があるのですが、これだけで中折れを改善できるかと言えば疑問です。

 

というのも勃起はそもそも筋肉の動きによって起こるものではなく、血管の拡張によって起こるものだからです。つまりメインとなるのはしっかりと血管を拡張して、血液を大量に流し込めるかなんですね。

 

そして大量に流れた血液を一時的に止める役割をPC筋が補助的に果たしています。つまり血管がある程度拡張できていないといくらPC筋を鍛えてもあまり意味はないとも言えます。

 

なのであくまでPC筋のトレーニングをしながらアルギニンやシトルリンを摂って、陰茎の血管がしっかり拡張できるような体づくりに取り組みましょう。

 

アルギニンとシトルリンを含むサプリ

中折れを治す方法

中折れの対策法として一番手っ取り早いのがバイアグラなどの「ED治療薬」を使うことです。

ですがED治療薬は中折れを治すものではなく、薬の効果が切れるまでの一時的なドーピングに近いもので、根本的な治療にはなりません。

もし本当に中折れを治したいのであれば、中折れしない体づくりをする以外に方法はありません。少なくとも私は薬に頼らずに中折れを治すことができました。

私が中折れを治した方法