MENU

一酸化窒素とサイクリックGMP

勃起のONとOFFがどのような仕組みによって切り替わるかについてを理解しておくことは、中折れを改善するにあたって役に立つと思います。

 

まず勃起とは陰茎にある海綿体という細い血管の固まりに、血液が流れ込むことで起こる現象です。なので中折れはこの細い血管に血液が流れ込むのをやめてしまった状態ということです。

 

基本的には海綿体の血管は細く収縮した状態であるため、普段は血液が流れ込めません。ところが勃起中枢が反応すると、まず一酸化窒素(NO)が分泌されます。

 

そして今度一酸化窒素(NO)はサイクリックGMPという物質を発生させますが、このサイクリックGMPが海綿体の血管を拡張し血液が流れ込むようにようになります。こうして勃起が起こるのです。

  1. 勃起中枢反応
  2. 一酸化窒素活性化
  3. サイクリックGMP発生
  4. 血管が拡張して勃起

PDE5が勃起を収める

今度はOFFを見てみましょう。勃起が何時間も続くと陰茎がうっ血し、細胞が壊死してしまう勃起症というのがあります。なので勃起にはOFFの機能も必須なんです。

 

そのOFFのスイッチがPDE5という物質で、PDE5はサイクリックGMPを分解することで勃起を解除しようとします。基本的射精後に多く発生しますが、射精しなくとも勃起がおさまるように常に存在しています。

 

つまり中折れとはサイクリックGMPがPDE5を下回ってしまった、またはPDE5がサイクリックGMPを上回ってしまった時に起こる現象と言えます。

 

ちなみにバイアグラなどのED治療薬は、PDE5の働きを抑制することによって勃起を助ける働きがあります。また精力剤はアルギニンによって一酸化窒素(NO)を増やし、結果的にサイクリックGMPを強化することによって勃起しやすい体質に改善します。

 

血管と血液の状態

ONとOFFのスイッチの他に、血液の状態や血管の状態も勃起に強く影響します。サイクリックGMPによって血管が拡張されることで勃起しますが、この動脈硬化などで血管が硬くなっていると拡張しずらくなります

 

また高脂血症と言って血液がドロドロの場合は細い血管に血液が入り込みにくくなるため、多少血管が拡張したくらいでは勃起に至らないケースもあります。

 

このようなケースでもED治療薬や精力剤は勃起には有効ですが、高血圧な状態で不健康であることには変わりはありません。なので血圧を改善する努力を怠らないようにしましょう。

中折れを治す方法

中折れの対策法として一番手っ取り早いのがバイアグラなどの「ED治療薬」を使うことです。

ですがED治療薬は中折れを治すものではなく、薬の効果が切れるまでの一時的なドーピングに近いもので、根本的な治療にはなりません。

もし本当に中折れを治したいのであれば、中折れしない体づくりをする以外に方法はありません。少なくとも私は薬に頼らずに中折れを治すことができました。

私が中折れを治した方法