MENU

プレッシャーをかけないこと

基本的に中折れは女性ではなく男性側に原因があることがほとんどです。なので女性がどんなに努力をしたところで必ず治るというわけではありませんので、あまり気負わないことが大切です。

 

まず一番やってはいけないのはプレッシャーをかけてしまうことです。男性が「中折れしたらどうしよう」と思ってしまえばしまうほど、中折れは発現しやすくなります。

 

なので別に中折れしても大丈夫だよ、気にしてないよという雰囲気を作っておくことが大切です。この時男性を責めるのはもちろん、自分に原因があるかもとショックを受けることも男性によってはプレッシャーになりますから注意が必要です。

 

男性自身中折れでショックを受けることがありますがここでフォローをしすぎてしまうと、今度は男性のプライドが傷つく可能性があります。「中折れしたうえにフォローされるなんて男として情けない」という感じでしょうか。

 

なのでとにかく女性は「気にしてない」という態度でいることが大切です。

手や口でする

挿入中に萎えてしまう場合でも、手や口でしている場合には勃起を維持できるという男性は多くいます。なので挿入の直前にたっぷり手や口でしてあげるというのは効果的です。

 

実は膣での刺激よりも手や口での刺激の方が快感を得られることもあるので、オーラルセックスは大切になってきます。また最近は中折ればかりでセックス内で射精がない場合は、オーラルセックスで射精に導くだけでも男性の自信につながります。

 

女性にできることは限られてしまいますが、改善を望む場合はこれらのことを意識してみましょう。

中折れを治す方法

中折れの対策法として一番手っ取り早いのがバイアグラなどの「ED治療薬」を使うことです。

ですがED治療薬は中折れを治すものではなく、薬の効果が切れるまでの一時的なドーピングに近いもので、根本的な治療にはなりません。

もし本当に中折れを治したいのであれば、中折れしない体づくりをする以外に方法はありません。少なくとも私は薬に頼らずに中折れを治すことができました。

私が中折れを治した方法