MENU

勃起のピークを過ぎてしまう

女性にとって前戯はとても大切で、挿入よりも前戯や後戯の方が好きと言う女性は多いですね。また前戯をおろそかにする男性はうとまれる傾向もあります。

 

ですがあまり前戯に時間をかけすぎてしまうと中折れの原因になることがあるのです。というのも前戯の時にすでに勃起が始まっていると、本番になるころには勃起のピークが過ぎており段々と柔らかくなるなる時間の突入してしまうからです。

 

そもそも勃起はあまり長時間できないようになっています。勃起は血液を陰茎に貯めたままにするのでうっ血した状態に近く、長時間の勃起は陰茎の細胞が酸欠を起こして壊死してしまう可能性があります。

 

そのため勃起は時間が経つと必ず解除されるようになっているのです。ちなみに何時間も勃起したまま収まらないことを勃起症と言い、細胞が壊死する可能性がある危険な状態です。

前戯中に勃起が始まる人は後戯を

前戯に時間をかけると勃起や興奮のピークを過ぎてしまうため、前戯の時間を短縮することで勃起や興奮のピークを挿入に合わせることができます。

 

ですがその場合は冷たい男と思われないように後戯をしっかりとすることで、女性の不満をケアしましょう。ちなみに前戯にかける時間の平均は15分前後と言われておりますが、後戯は全くしていないという男性は多いようです。

 

またもし中折れしてしまっても、後戯をすれば気まずい雰囲気のまま終わるということもなくなりますので、意識的に挿入が終わった後のことも考えておきましょう。

中折れを治す方法

中折れの対策法として一番手っ取り早いのがバイアグラなどの「ED治療薬」を使うことです。

ですがED治療薬は中折れを治すものではなく、薬の効果が切れるまでの一時的なドーピングに近いもので、根本的な治療にはなりません。

もし本当に中折れを治したいのであれば、中折れしない体づくりをする以外に方法はありません。少なくとも私は薬に頼らずに中折れを治すことができました。

私が中折れを治した方法