MENU

性欲が失われる

うつ病は気分障害の一種で、基本的には意欲減退の傾向が見られます。この意欲とは全て事柄について影響し、もちろん性欲も例外ではありません。

 

セックスのための勃起には性的興奮が必要となります。そのためバイアグラなどのED治療薬を飲んでも、性的興奮に至らない場合は勃起は起こらないのです。

 

さらにうつであるということは、常にストレスがかかっているため交感神経優位の緊張状態であるということになります。緊張状態だと末端の血管が収縮してしまうため、血管の拡張を必要とする勃起とは非常に相性が悪いのです。

 

またうつ状態が男性ホルモンのテストステロンの低下によって引き起こされている場合もあります。男性更年期障害の一種ですが、その場合は精力も同時に低下するので一つの目安にはなります。

薬害性ED

また抗うつ剤によってEDや中折れを発症してしまうケースも多くあります。その代表例が抗うつ剤として多く使われている「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」です。

 

このような薬はセロトニンを増加させることで気分を安定させる効果がありますが、セロトニンが上昇すると性欲による興奮も抑えられてしまう他、末梢神経から得られる快感に対しても鈍感になる傾向があります。

 

良くも悪くも気分が安定してしまうということですね。だからと言って抗うつ剤をやめるのは尚早で、うつ自体がEDや中折れの原因にもなりますから、担当のお医者様に相談してみるのもいいかもしれません。

中折れを治す方法

中折れの対策法として一番手っ取り早いのがバイアグラなどの「ED治療薬」を使うことです。

ですがED治療薬は中折れを治すものではなく、薬の効果が切れるまでの一時的なドーピングに近いもので、根本的な治療にはなりません。

もし本当に中折れを治したいのであれば、中折れしない体づくりをする以外に方法はありません。少なくとも私は薬に頼らずに中折れを治すことができました。

私が中折れを治した方法