MENU

精子が多いと勃起力も高い

精子の量は中折れやEDの話にはあまり出てこないのですが、実は非常に重要なんです。精子が多いと勃起力も高まります。あまりピンと来ないかもしれませんが、非常にわかりやすい例があります。

 

賢者タイムといわれる射精後の虚無感を男性なら体験したことがあるかと思います。興奮も快感も最高潮に達した後、一気に気持ちが冷め性欲はほぼゼロ、触られても快感はなく勃起もしないという状態です。

 

これは精子や精液が空っぽなため、性欲も勃起も必要がなくなったのでこのような状態になるのです。一方精子が溜まっている状態は、ムラムラしますし勃起も硬く、快感も得やすくなって早漏気味になります。

妊娠が目的

そもそも性欲も勃起もなんのためにするかというと、本能的には女性を妊娠させるためです。妊娠には何が必要かと言うともちろん精子ですね。

 

つまり精子がなければ性欲も勃起も必要なく、もちろんセックスをする必要もないと身体は判断してしまうのです。非常にシンプルですが、意外と知られていない事実です。

 

例えばAV男優の方が連続で射精することがありますが、2回目、3回目でもそこそこの射精量があるのがわかりますね。これは射精物がまだ体内にあるため何度でも勃起できるのです。

精子と精液を増やすには

精子を増やすのに有名なのは亜鉛ですね。亜鉛は睾丸の働きを活性化するため精子の生産量をアップさせ、さらに男性ホルモンを活性化させます。

 

もう一点注目していただきたのがアルギニンです。実際射精された液体のうち精子はわずか5%で、残りの95%は精液なのです。つまり精液の生産量もアップさせることが重要なのですが、精液の原料となるのがアルギニンなんです。

 

中折れしやすい方は精子や精液が少なく、身体が射精やセックスを求めていないのかもしれません。精子を増やして本能的な精力を強化しましょう。

 

精子を増やして勃起力アップ

中折れを治す方法

中折れの対策法として一番手っ取り早いのがバイアグラなどの「ED治療薬」を使うことです。

ですがED治療薬は中折れを治すものではなく、薬の効果が切れるまでの一時的なドーピングに近いもので、根本的な治療にはなりません。

もし本当に中折れを治したいのであれば、中折れしない体づくりをする以外に方法はありません。少なくとも私は薬に頼らずに中折れを治すことができました。

私が中折れを治した方法