MENU

EDと肥満は関係している

最近太ってきたなぁと言う方は要注意です。と言うのもメタボと中折れは密接に関係しており、またこの2つを引き起こす生活習慣も非常に似ているのです。

 

まず中折れの原因として大きいのが動脈硬化ですね。陰茎の血管が細く硬くなってしまうと、勃起が難しくなってしまうのです。

 

この動脈硬化は高コレステロールの食事を続けると血液がドロドロになり、高血圧を引き起こすことで動脈硬化を進行させてしまいます。それと同時に高コレステロールの食事はメタボも進行させますから、この2つは関係していると言えます。

テストステロンの減少

中年太りと言う言葉がありますが、なぜ中年になると太りやすくなるかご存知でしょうか。それは40代を超えるとテストステロンという男性ホルモンが大きく減少してしまうからなんです。

 

テストステロンは精力や勃起力の他に、筋肉を強化する働きを持っています。そのためテストステロンが減少すると筋肉が脂肪に代わり、中年太りと言われる太り方をするのです。

 

つまり中年太りが起こっているということは男性ホルモンが減少しているということを意味しており、勃起力も低下してしまっているのです。

血液量の増加

またメタボそのものが中折れを引き起こすこともあります。それが血液量増加による血圧の上昇です。

 

体重が増えると身体を循環する血液の量も増えます。すると心臓は大量の血液を循環させなければならないため、ギュッギュッと強く押し出すように鼓動します。

 

その結果血管内の圧力が上昇し、負担がかかった血管は動脈硬化を引き起こしてしまうのです。その上で血液がドロドロだったりすると、血管内で血液が渋滞を起こしてさらに血圧が上昇してしまうという、負のスパイラルが起こってしまうのです。

 

最近太ってきたなと思ったら中折れやEDが進行している可能性が高いため要注意です。生活習慣を見直す検討をしましょう。

中折れを治す方法

中折れの対策法として一番手っ取り早いのがバイアグラなどの「ED治療薬」を使うことです。

ですがED治療薬は中折れを治すものではなく、薬の効果が切れるまでの一時的なドーピングに近いもので、根本的な治療にはなりません。

もし本当に中折れを治したいのであれば、中折れしない体づくりをする以外に方法はありません。少なくとも私は薬に頼らずに中折れを治すことができました。

私が中折れを治した方法