MENU

若い人の多いコンドームED

コンドームをつけようとした途端に萎えてしまうコンドームED。特に20代など若い方に多く、心因性のEDに近いものとなります。私も幾度となく萎えた経験があります。

 

まずありがちなのが、上手く着けられなくて焦ってしまうパターンです。焦ってつけようとすると裏表がさかさまだったり、ゴム全体をグイッと引っ張ってゴムを外側に巻き込んでしまったりします。

 

このような場合はまずコンドームを必ず表を上にしておくなど、薄暗くても裏表を間違えないように工夫しておきましょう。また本番中に焦らないように、何度も一人で練習しておくことです。ゆっくり焦らずやれば必ずうまくいきます。

 

また先っぽをかぶせたらあとは紐を引っ張るだけで、スルスルと片手で装着できるコンドームもあります。こちらも多少練習は必要かもしれませんが、上手くいかない方は試してみてはいかがでしょうか。

 

コンドーム すぐぴた ハイグレード 1000 8個入×3箱 (計24個入)

 

ふと冷静になってしまう

もう一つあるのが、急に性的興奮から醒めてしまうパターンです。コンドームを装着するのは性欲と真逆で理性によるものだからですね。

 

またコンドームをせっせとつけている姿が情けなく見えたり、恥ずかしく思えたりすることもあります。

 

今まで性欲や本能が赴くままの官能的な雰囲気だったのが、その流れを突然切って別なことをしなければならないわけですから、その気持ちはわからなくはありません。

 

ですがコンドームは優しさです。その流れを切ってまでする必要があるのです。少し雰囲気が覚めようが何だろうが、必要があれば女性はコンドームをつけてほしいと思っています。

 

どうしても雰囲気が覚めるのが嫌なのであれば、パートナーにつけてもらいましょう。上手くいかないという焦りも男性側にはありませんし、愛撫の一部として官能的な流れを切らずに済ませることができます。

冷めても維持する勃起力

また一人でできる対策としては、多少焦ろうが冷めようがそれでも萎えない勃起力を身につけることです。

 

誰しもコンドームをつける際には多少気持ちが冷めてしまうものですが、それでも萎えないのは単純に勃起力があるからですね。ちょっと冷めたくらいで萎えてしまうのは少し勃起力が弱いということなのです。

 

勃起力を向上させるにはアルギニンやシトルリンを摂取して体内の一酸化窒素を増やすことが大切です。一酸化窒素が増えると陰茎の血管の拡張が促され、固く萎えずらい勃起力を手に入れることができます。

 

私自身コンドームで萎える経験は幾度となくしましたが、マカエンペラーという精力剤を飲んでからは多少手間取ってもギンギンを保つことができるようになりました。

 

さらに勃起力が高まって硬く勃起できるとコンドームを装着しやすいという効果もありますから、是非コンドーム萎えに困っている方はマカエンペラーも試していただきたいです。

 

勃起力アップならマカエンペラー

中折れを治す方法

中折れの対策法として一番手っ取り早いのがバイアグラなどの「ED治療薬」を使うことです。

ですがED治療薬は中折れを治すものではなく、薬の効果が切れるまでの一時的なドーピングに近いもので、根本的な治療にはなりません。

もし本当に中折れを治したいのであれば、中折れしない体づくりをする以外に方法はありません。少なくとも私は薬に頼らずに中折れを治すことができました。

私が中折れを治した方法