MENU

オナニーとセックスの違い

まずオナニーでは普通に勃起できるのにセックスでは中折れしてしまうという場合は、精神的な理由かオナニーでの刺激が強すぎるというのが原因である可能性が高いです。

 

上記とは違いオナニーでもセックスでも中折れ気味という場合は、身体的な理由である場合がほとんどです。早めに対策を打たないと、挿入もままならないEDになってしまうでしょう。

 

ここではセックスでのみ中折れしてしまう原因について解説していきたいと思います。

相手がいるというプレッシャー

オナニーとセックスの一番の違いと言えば、やはり相手がいるか否かでしょう。オナニーの場合はまさに独りよがりで何の問題もありません。自分のことだけを考えてればいいのです。

 

ですがセックスの場合は相手がいるので色々と気遣わなければならないことが出てきます。「相手は今何を考えているか」「次はどんな体位にしようか」「上手くいかなかったらどうしよう」等々を無意識に考えてしまいます。

 

そうするとふとした瞬間に冷静になってしまったり、また不安になってしまったりすることがあります。どうしても性的興奮にのみ集中することができないんですね。

 

そして一度中折れを経験してしまうと「今回もダメなんじゃないか」という不安が、また中折れを招いてしまうということになります。

 

刺激の違い

もう一つはオナニーとセックスでは得られる刺激が身体的にも精神的にも違うということです。

 

手でオナニーする場合は竿で快感を得ますが、セックスは亀頭で快感を得ます。また手で締め付ける強さと、膣で締め付ける強さでは圧倒的に手の方が強いです。

 

さらに刺激を与えるスピードも手でする方がはるかに速いため、セックスで得られる刺激では感じることができなくなってしまうんです。

 

またAVでは特殊なシチュエーションのものがあったり女優さんの声が異様に大きかったりしますが、普段のセックスはもっと地味なものです。なのでAVの性的刺激に慣れてしまうと、普段のセックスではあまり興奮できなくなってしまうことがあるんですね。

 

対策としてはなるべくオナニーとセックスの刺激を同じようにするといいでしょう。手でするよりもオナホールやコンドームにローションを垂らし、亀頭に刺激を与える方法などがおすすめです。

中折れを治す方法

中折れの対策法として一番手っ取り早いのがバイアグラなどの「ED治療薬」を使うことです。

ですがED治療薬は中折れを治すものではなく、薬の効果が切れるまでの一時的なドーピングに近いもので、根本的な治療にはなりません。

もし本当に中折れを治したいのであれば、中折れしない体づくりをする以外に方法はありません。少なくとも私は薬に頼らずに中折れを治すことができました。

私が中折れを治した方法