MENU

コラム2記事一覧

中折れの対策には勃起力のアップが必要で勃起力には「アルギニン」と「シトルリン」が特に重要ですが、マカエンペラーはどちらも多く配合されているので非常におススメです。アルギニンのみシトルリンのみという精力サプリが多い中、どちらもたっぷり配合していて1万円を大きく下回る価格の精力サプリは現状マカエンペラーのみではないでしょうか。中折れの場合は自力である程度勃起可能で精力もまだある状態なので、マカエンペラ...

精力アップのサプリの中で現在最強と言ってもいいのが「GHプレミアム」ではないでしょうか。とにかく精力アップに良とされるありとあらゆる成分が配合されており、勃起力のみならず精力全般を強化することが可能です。ただその分値段も1万円を超えるため、中折れだけでなく精力全般を強化したいという方にはお勧め。一方で中折れさえ何とかすればいいという場合は、もう少しリーズナブルなものでもいいかもしれませんね。ちなみ...

マカ&クラチャイダム12000の良い点はなんといってもリーズナブルなところ。毎月の定期購入をすればなんと初回990円で、2回目以降も3,600円なので続けやすいのがポイントですね。もっと安い精力剤も存在しますが、マカ・クラチャイダムどちらも配合しているもの中では一番安いのではないでしょうか。ですがリーズナブルな分勃起力強化に大切なもう一つの成分「シトルリン」が配合されていないので、その点では少し効...

ウナギを食べると精がつくと昔から言われていますね。他にもニンニクや納豆や山芋などのネバネバ系の食材なども食べると精がつくと言われてきました。ですが「精がつく」と「精力アップ」はそもそも別物です。精がつくとは「元気が出る」「活力が出る」と言う意味で性的な意味は持ちません。精力という言葉のもともとの意味は「精力的に取り組む」「仕事に精が出る」など一生懸命やったり力を注ぐという意味で、精力が性的な意味を...

勃起力が低下してしまう要因は色々とありますが、特に影響を受けやすいのが動脈硬化です。血管年齢という指標でも表される通、基本的には年齢とともに動脈硬化は進行するため、年齢に応じて勃起力が低下するのは動脈硬化が深く関係しているのです。というのも勃起とはそもそも陰茎の血管が拡張することで血液が流れ込み肥大化する現象ですが、血管が硬くなると血管が拡張しずらくなり勃起力低下してしまうのです。この動脈硬化の進...

男性は陰茎の大きさを気にする傾向がありますが、実は女性が一番気にするのは「硬さ」だということがLCラブコスメティックさんのアンケート結果として出ています。その理由は硬くないと挿入感がなかったり、場合によっては挿入自体がないという意見が多いようです。また人によっては硬く勃起していないと、私にあまり興奮してないんじゃないかを思うようで、硬さがそのまま興奮度のバロメーターとして見ている女性も多いようです...

勃起が途中で萎えてしまう要因は勃起力の低下の他に、疲労の蓄積や刺激が弱さが関係していることもあります。セックス中は身体を激しく動かしますから当然体力を消耗しますね。その結果息も絶え絶えになってしまえば快感や興奮どころではなく、身体は休息を求めてしまいますから中折れしてしまいます。またピストン運動によって陰茎に刺激を与えて射精に導くわけですが、体力を消耗したり筋力が弱かったりでピストン運動が弱くなる...

最近パートナーとのセックスで中折れすることが多くなったという方は、その原因を特定するために一度セックスの相手を変えてみるという方法があります。もちろん浮気や不倫はご法度なので、風俗で試してみるのが一番いいでしょう。実はパートナーとのセックスは色々な思いや不安やプレッシャーを無意識のうちに感じているのです。パートナーですからセックスだけの関係ではありません。なのでセックスのみ、または快感のみに集中で...

睡眠不足は勃起力の敵で、もちろん中折れしてしまう確率も大幅に増えてしまいます。というのも睡眠不足が続くと自律神経が乱れて、交感神経が優位の緊張状態となります。すると血管が収縮してしまうために陰茎に血液が流れ込みにくくなる他、緊張状態だと性的興奮に集中できなくなってしまうんですね。緊張して勃起できないというタイプのEDがありますが、特段緊張する場面でもないのに勃起できないのは交感神経が活性化して、勝...

コンビニやドラッグストアなどでよく売られている栄養ドリンク。元気が出るというイメージがあるので、精力アップにもつながるのではと考えるのは自然のように感じますが、実際はどうなのでしょうか。まず栄養ドリンクには医薬品や医薬部外品と清涼飲料の2つに分けることができます。医薬部外品とは厚生労働省から体調に影響を及ぼすことが確認されていることを示すもので、清涼飲料はご存知の通りただの飲み物です。医薬品として...

男性であれば一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。なぜ射精の勢いが時と場合によって全く違うのかを。今回はこの射精の勢いの違いの原因と、勢いよく射精するコツについてお話していきたいと思います。まず最低限必要なのが「勃起力」と「精子の量」です。勃起が硬くなっていればいるほど、精子が通る尿道は狭くなって圧力が増します。ホースの先を指でつぶすのと同じ原理ですね。そして精子の量はホースに注ぎ込む...

なんと日本人の内約5人に1人は糖病病、または糖尿病予備軍と言われておりその数はおよそ2000万人。そして糖尿病が強く疑われるのが約1000万人と言われているようですから、決して他人事ではありませんね。もはや国民病といっても過言ではない糖尿病ですが、実は男性の糖尿病患者の約8割はEDを併発していると言われています。ちなみに糖尿病は初期症状がわかりづらくサイレントキラーとも呼ばれていますから、もしかし...

例えば冬の寒い日に暖房の無い公衆トイレなどで用を足そうとすると、いつもよりも陰茎が縮こまっていることがありませんか?これは気のせいではなく実際に小さく縮んでいるのです。基本的に陰茎の大きさは、陰茎に流れ込む血液の量によって変化します。勃起時は陰茎が大きくなるわけですが、これは大量の血液が流れ込んでいる状態というわけです。ですが寒くなると基本的には末端に流れる血液の量が減ります。手足が冷えるのは気温...

男性ホルモンは勃起力や精子の生成、性欲など精力全般に影響を与えることは広く知られています。例えば10-15歳の間に大半の男児が精通を経験し性欲を覚えるのは、この時期に男性ホルモンの一種であるテストステロンが活性化するからですね。そして同時にこの時期から体毛が濃くなりひげなどもこの時期から生え始め、筋肉などがつきやすくなり体格が段々と男性的になっていきます。つまり男性ホルモンは精力のみならず、身体の...

中折れの対策として一番有効なのは内面を改善することですが、一方でコックリングなどによる外部からのアプローチという方法もあります。そもそもコックリングとは陰茎の根元に装着するリングで、このリングが陰茎の静脈を締め付けることでうっ血させて、勃起を半強制的に持続させるためのものです。シリコン製のものや金属製のアクセサリーのようなもの、とげとげやバイブがついたものなどがありますが、金属製のものは外れなくな...

男性の悩みとしてけっこうあるのが陰茎の大きさについてですね。ですが女性は大きさよりも圧倒的に勃起力の方を気にしていますから、大きさについて悩むことは単なる自己満足でしかないということがわかります。さらに女性の中には太かったり長かったりすると痛いから、むしろ大きいのは嫌だと思う方も多いようです。なのに男性は大きい方が女性が喜ぶと思い込んでいるわけです。そしてそれ以上に男性は男性に自分の陰茎を見られる...

精神的な要因で中折れしてしまうケースは決して少なくありません。その中でも多いのが中折れのプレッシャーによって中折れしてしまうパターンですね。また付き合いが長いパートナーだとマンネリしてしまったり、セックス中でも現実に帰って余計なことを考えてしまうことがあります。するとセックスの快感や興奮に集中することができず中折れしてしまいます。勃起力が強ければ多少心が乱れても勃起し続けられますが、年齢を重ねると...

中折れとは挿入後に射精を迎えることのないまま萎えてしまうことを言いますから、中折れする前に射精してしまうという方法があります。女性に一番嫌われるのはEDや中折れなど勃起力がないことです。そもそもセックスができなかったり、萎えてしまうということは自分に魅力がないと感じてしまい女性を傷つける要因にもなるからです。次に嫌われるのが遅漏です。長時間の挿入は腰にかなり負担になり、場合によっては膣内が渇いて出...

男性ホルモンと女性ホルモンはそれぞれ非常に多くの影響を身体に与えます。男性らしい身体は性別そのものの他に男性ホルモンによって作られ、それは女性も同様です。逆に言えば男性だとしても男性ホルモンを失えば、男性的な身体的特徴は消えます。さらに男性に女性ホルモンを注入すると、女性らしい身体つきになってくるのです。当然男性の精力にも強い影響を及ぼすため、年齢とともに減少するホルモンを放っておくわけにはいかな...